大湫宿: 森川訓行家邸

  町並みと建物町屋岐阜県>森川訓行家邸(大湫宿)
大湫宿(中山道)・森川訓行家邸
【 森川訓行家邸 】−森川訓行家は中山道宿場町である大湫宿(岐阜県瑞浪市大湫)の北側に位置しています。屋号「丸森」を掲げ、代々宿場の旅籠を生業とする一方で尾張藩の許可を得て塩問屋も兼任しました。記録が無く詳細は不詳ですが、敷地間口も広く宿場の中では富裕層に属していたようで、大湫宿の本陣にも近く、一族と思われる森川善章家(屋号:森新)も広い屋敷を構えています。現在の森川訓行家邸主屋は文政7年(1824)と文政9年(1826)の2回、大湫宿で大火があり、宿場内の殆どの建物が焼失した事から、その直後に再建されたと推定される建物で、木造2階建、切妻、桟瓦葺(下屋庇:桟瓦葺・煙り出し屋根:桟瓦葺)、平入、建築面積185u、延床面積226.07u、敷地面積421.70u、外壁は大壁造り白漆喰仕上げ、大火直後の再建された事で、建物の両脇には防火延焼用の袖壁が設けられ、軒下部分にも漆喰で仕上げられています(1階の基礎部と側面は下見板張)。1階の間取りは3室2列で、正面向かって左側から「通り土間」、「みせ」、「なかの間」、「座敷」が配され、2階も街道側のみに小さな室が配されています。森川訓行家邸は江戸時代後期の町屋建築の遺構として貴重で大湫宿の町並み景観に大きく寄与している事から国登録有形文化財に登録されています。

【 大湫宿 】−大湫宿は江戸時代初頭に幕府により開削された中山道の宿場町として成立した町で、十三峠と琵琶峠という難所に挟まれていた事から山間の宿場町でありながら江戸時代後期には30軒前後の旅籠が経営されていました。大湫宿の本陣、脇本陣を担った保々家(脇本陣家は分家筋)は保々市左衛門宋昌の代に寒村だった大湫集落を宿駅にまで発展させ、宿場外れにには菩提寺となる宗昌寺を創建、大湫宿の基礎を固めました。保々家は元々は土豪だった家柄で、関ケ原の戦いや大坂の陣にも参陣し尾張藩からは300石程度の所領が安堵され、本陣職だけでなく、庄屋や問屋などの宿場の上役を歴任し大湫宿では大きな権力がありました。本陣の建坪は1822坪、桁行22間、梁間15間、部屋数23、畳数212畳、別棟添屋6棟、脇本陣の建坪は98坪、桁行16間、梁間12間、部屋数19室、畳数153畳、別棟添屋6棟と宿場内の他の建物を圧倒し、当時の繁栄が窺えます。文久元年(1861)、公武合体政策を推し進める為、皇女和宮が中山道を経路として江戸に下向する際には大湫宿本陣を宿所として利用しています。

スポンサーサイト
岐阜県の町屋建築
伏見宿郡上八幡城細久手宿今須宿馬籠宿中津川宿大井宿大湫宿竹屋(御嶽宿)
古屋家住宅(大井宿)旧古山家住宅(大井宿)林家住宅(大井宿)大黒屋旅館(細久手宿)
高山城小坂家住宅(美濃町)今井家住宅(美濃町)卯建連棟家屋(美濃町)岩村城
林家住宅(太田宿)旧小松屋(太田宿)
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「全国の町屋(町家)・建築」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。