旧第百三十銀行長浜支店

  町並みと建物町屋滋賀県(近江八幡など)>旧第百三十銀行長浜支店
長浜宿(北国街道)・旧第百三十銀行長浜支店
【 北国街道 】−北国街道と北陸道の定義については諸説あるようですが、当サイトでは、北国街道を中山道追分宿(長野県北佐久郡軽井沢町追分)から直江津湊(新潟県上越市直江津:厳密には直江津湊手前の分岐点)と中山道鳥居本宿(滋賀県彦根市鳥居本町)から今庄宿(福井県南条郡南越前町今庄)まで、一方、北陸道を直江津湊(厳密には直江津湊手前の分岐点)から今庄宿までとします。

【 長浜宿 】−当地域の中心地は中世までは小谷城の城下町でしたが天正元年(1573)に羽柴秀吉が小谷城を攻略し城主である浅井氏が滅ぶと、新たに領主になった秀吉は長浜に長浜城を築き、小谷城の城下町から寺院や商人を遷し中心地として整備しました。江戸時代に入ると長浜藩が立藩し藩都として整備されるものの元和元年(1615)に藩主である内藤信正の移封に共に廃藩となっています。その後は北国街道の宿場町、琵琶湖舟運の港町として町場が維持されました。現在でも街道沿いには伝統的な町屋建築が点在し当時の繁栄が感じられます。

【 旧第百三十銀行長浜支店 】−旧第百三十銀行長浜支店は滋賀県長浜市元浜町に位置する町屋建築で、明治33年(1900)に建てられました。現在は黒壁ガラス館本館として再利用されています。国登録有形文化財。

スポンサーサイト
滋賀県の町屋建築
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「全国の町屋(町家)・建築」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。