木曽路の古民家

  町並みと建物と伝統と文化(ホーム)長野県岐阜県>木曽路
深沢家住宅・贄川宿深沢家住宅
深沢家住宅木曽路(中山道)の宿場町である贄川宿にある江戸時代後期の町屋建築です。深沢家は贄川宿を代表する豪商だった家柄で京都や大坂など上方にも販路を広げました。国指定重要文化財に指定されています。
手塚家住宅・奈良井宿手塚家住宅
手塚家住宅木曽路(中山道)の宿場町である奈良井宿にある江戸時代後期の大型町屋建築です。手塚家は奈良井宿の上問屋、庄屋を歴任した家柄で、明治天皇の御小休所。国指定重要文化財に指定されています。
中村邸・奈良井宿中村邸
中村邸は木曽路(中山道)の宿場町である奈良井宿にある江戸時代後期の典型的な町屋建築です。中村家は代々櫛問屋を営んでいた家柄で、奈良井宿の町並み保存の原点とされます。塩尻市指定文化財に指定されています。
徳利屋(原家)・奈良井宿徳利屋(原家)
・原家住宅は木曽路(中山道)の宿場町である奈良井宿にある江戸時代後期の町屋(旅籠)建築です。原家は屋号「徳利屋」を掲げた奈良井宿有数の豪商で、木曽代官山村家御用達商人、脇本陣でもありました。塩尻市指定文化財。
脇本陣奥屋・妻籠宿脇本陣奥屋(林家)
林家住宅は木曽路(中山道)の宿場町である妻籠宿にある明治時代初期の近代和風建築です。林家は江戸時代に妻籠宿の脇本陣職、問屋を歴任した家柄で、明治時代に解禁された木曽ヒノキをふんだんに使用。国指定重要文化財。
旧熊谷家住宅・妻籠宿旧熊谷家住宅
熊谷家住宅は木曽路(中山道)の宿場町である妻籠宿にある江戸時代後期の長屋建築の遺構です。長屋として建てられたものを、別区画だった右半分と左半分を合わせて1戸にして改築された当時の庶民の邸宅。南木曽町指定文化財。
旧上嵯峨屋・妻籠宿旧上嵯峨屋
上嵯峨屋は木曽路(中山道)の宿場町である妻籠宿にある江戸時代中期の旅籠(本賃宿)建築の遺構です。上嵯峨屋は本賃宿だった為、一般的な旅籠建築よりも間取りが単純で意匠も質素な造りとなっています。南木曽町指定文化財。
旧下嵯峨屋・妻籠宿旧下嵯峨屋
旧下嵯峨屋は木曽路(中山道)の宿場町である妻籠宿にある江戸時代中期の長屋建築の遺構です。長屋として建てられたものを1戸にして改築、並列二間取の形式、当時としては珍しい柱に桧材を使用。南木曽町指定文化財。
清水屋清水屋
清水屋は木曽路(中山道)の宿場町である馬籠宿にある明治時代の町屋建築の遺構です。原家は屋号「清水屋」を掲げ組頭などの役人を歴任した家柄で、島崎藤村とも関係が深かったとされます。国登録有形文化財。
木曽路
木曽路
【木曽路・概要】−木曽路は戦国時代の天文2年(1533)に、当時の木曽谷の領主で木曽義仲の後裔とされる木曽義在が整備した馬籠宿から洗馬宿までの街道が原型になっていると思われます。武田信玄が木曽氏を従えると、信玄の命により下諏訪宿塩尻宿、洗馬宿、贄川宿奈良井宿、藪原宿、福島宿の7宿が宿場町として整備し、この区間の伝馬制度を確立しています。江戸時代に入った慶長7年(1602)に中山道が幕府から開削されると各宿場町が整備されています。特に木曽谷に位置した、贄川宿、奈良井宿、藪原宿、宮ノ越宿、福島宿、上松宿、須原宿、野尻宿、三留野宿、妻籠宿馬籠宿の11宿は木曽路と呼ばれました。

スポンサーサイト
長野県の町並みと建物と伝統と文化木曽路の古民家塩田平青鬼集落千国街道光前寺津金寺海野宿和田宿長久保宿望月宿
小田井宿貞祥寺布引観音小菅神社高山寺真楽寺若一王子神社信濃国分寺新海三社神社長野県・三重塔
※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。「町並みと建物と伝統と文化」は「郷土資料辞典」、「日本の城下町」、「観光パンフレット」、「観光地案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいていますが、私論推論が多く、情報や画像は時間の経緯によって変化している可能がありますので参考程度のものなので、不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。リンクは自由ですが、文章や画像のコピーは禁止しています。